2017年06月12日

五月雨の立花新風体

皆様こんにちは いかがお過ごしでしょうか
そろそろ東京も梅雨入り 晴れ間が貴重に感じるころです
先月末は 花展にイベントにと大忙しで ようやく自分を振り返る 余裕ができました

今日は 5月26日27日に いけばなの根源 池坊展に出瓶しました
掛けの立花新風体 をご紹介いたします

IMG_7077.JPG

花形: 立花新風体
花材: 松、朴、笹ユリ 、ヘリコニア、スチールグラス、その他

今回久しぶりに 掛けの作品となりました
壁に花器を掛けていけるため 後ろに枝はふれない 重い感じもあわない
条件のもと 松を軽やかに下段に流してみようと思い 朴と笹百合を合わせます

IMG_7126.JPG

正面からの写真だと 立体がわかりませんが 松はかなり前に
笹百合もスチールグラスも 前に出ているのがわかります
この遠近感が 難しくまた楽しく...一回一回が勉強ですね

五月雨に 物思ひをれば 郭公
夜深く鳴きて いづち行くらむ
紀友則


さみだれに物思いに耽っていると、夜深くホトトギスが鳴いて
飛び去っていくのが聞こえる。あれはどこへ行くのだろうか。

新風体は 形以前に 作者と草木の出合い そこに溢れる感動や深い思いを大切に します
立花としての格を持ちながら 新しい草木の「よろしき面影 」を これからも追い続けようと改めて思いました

会場でご覧くださいました皆様 本当に有難うございました
御礼を申し上げます
では 良い一週間をお過ごしくださいませ

由華

posted by morikadou at 11:01| Comment(0) | 平成たおやめぶり