2018年01月02日

淡い初恋


淡い初恋

明けましておめでとうございます
新しい一年を迎えるにあたり今年は存在感のあるピンク色の薔薇と梅の枝を選び、ちらちらと可愛らしいオグリザダムをそえました。

2-7uemura.jpg

今年も前向きにお稽古に取り組んでいきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願い致します。

植村 友紀
かわいい

自分らしくマイペースで お稽古を重ねている植村さん
少しずつ高まって来ているのが わかります
今年はぜひ 渾身の一輪を目指してください
応援しています!
由華

posted by morikadou at 19:00| Comment(0) | 花展

亀松雪紅(きっしょうせっく)


亀松雪紅(きっしょうせっく)


人生初の華展は、亀の甲羅を想起させる花器との出逢いから始まりました。
新年を祝う吉祥のイメージはここから湧き上がったのです。

長寿の象徴としての亀を大地に見立て、優美な立ち姿の松。
足元には、俗世を美しい純白に覆い尽くす雪のようなかすみ草。
そして、ひっそりと春を待つ紅(くれない)の木瓜。
そんな自分なりの冬景色が頭に浮かびました。

これらの花材は、撮影直前に花器を持参して訪れたハナモさんにて
イメージに吸い寄せられる様に決まりました。

2-6miyashi.jpg

亀様の花器を手にしたところから、撮影に至る一連の流れ。
数々の出逢いに驚きつつも、それらはすでに決まっていたかの様な不思議な感覚。
草花が導いてくれた縁と繋がり。
この感覚を味わえたことこそが、今回の華展における一番の収穫であった様に思います。


このような素晴らしい機会を与えてくださった森先生と、
お声がけをいただいたインスパイア華道部高槻様には、
身に余る経験をさせてもらえたことに、心よりの感謝を申し上げます。

宮師 雄一


日本を代表するアートディレクターとしてご高名な
宮師さんに特別参加をいただき 大変光栄です
いけばなより新しい刺激を感受され さらにアートシーンで
ご活躍くださいますよう願っています

由華

posted by morikadou at 16:00| Comment(0) | 花展




穏やかな風、荒々しい風、気持ちのいい高原の風、恐ろしい嵐の風。

順風な時も、逆風の時も、一歩ずつ前に進む


2-5doai.jpg

土合 朋宏

昨年は エグゼクティブのSpecial interviewに登場!
プロフェッショナルなご意見をたくさん伺え 有難うございました
常に自分のスタイルを貫いていらっしゃる土合さんらしく
今回もスタイリッシュ&クール 今年も期待しています

由華

posted by morikadou at 13:00| Comment(0) | 花展

向春光


向春光

2-4ishiguro.jpg

リアル花展への出品以来、自宅や近隣の公園で草花に現れる季節の遷移に敏感になりましたが、今回の参加からも新たな収穫がありました。
まず、構想からリハーサル、本番の三段階の乖離がやや縮まったかと思われました。
また、花展来場者の仕草、表情からは無言でも感想が窺えますが、ウェブ上でそれが見えないのはむしろ難しいこととわかりました。
人目に触れるものを作る際は、自分が表現したいことよりも見る人の頭の中で起きることを考えますが、ここでは自分の中で作業を完結させる必要があります。
作品の規模、配置、背景、ライティングなどはむしろ自由度が高く、写真の選定により視点をある程度固定できる点においても自己責任の範囲が拡がります。
その分、華道のための思考力が鍛えられるかと思われます。様々な環境での出瓶の蓄積が肝要と改めて感じました。

石黒 光

昨年五月の東京本部展で 花展デビューを果たされた石黒さん
インスパイア華道部を支える インテリジェンスの代表
いつも 真摯に向き合うことの大切さを 教えられます
今年もさらに フィールドを広げられますよう願っています
由華

posted by morikadou at 10:00| Comment(0) | 花展

ともに、創めよう。


ともに、創めよう。

 ふたつの白い寒椿がそっと寄り添う。
 ともに、創めよう。

 すすむべき道筋は、白髪松が示すとおり、まっすぐ、そして幸先良く拡がっている。
 赤い南天に守られて、大難は小難に、小難は無難に。
 難を転じながら、一歩ずつ着実に。

 さあ、自信を持って、堂々と。
 ともに、創めよう。

高槻亮輔

2-3takatsuki.jpg


新春メッセージ いけばなbijouxといけばなluxeに
素晴らしいエールをいただいたおもいです 有難うございます!
超多忙の高槻さんにとり 花をいける時間が 今年も穏やかなものでありますよう
願っています よろしくお願い申し上げます
由華

posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 花展

一期一会


一期一会

新年明けましておめでとうございます。
これまで蓄積してきた人との繋がりや経験を大切にしつつ、新たな出会いやチャレンジする気持ちを忘れずに一日一日を過ごしていく一年にしたいと思います。

2-2hisasue.jpg


本年もよろしくお願いいたします。

久末香奈里
かわいい

しなやかで また一本芯が通っている その両面を感じさせる
久末さんはまさに 池坊人に相応しいと思います
今年も着実にお稽古しながら たまには冒険してください
楽しみにしています!
由華
posted by morikadou at 04:00| Comment(0) | 花展

ephemeral,but...


'ephemeral, but ...'
明けましておめでとうございます。

昨年は池坊五五五年のおめでたい節目の年でしたが、私にとっても発表の機会をいただき、貴重な経験をさせていただいた思い出深い年となりました。

様々な花材と出会いますが、仕上げても一番良い姿は長持ちしません。
そして生きものですから間もなく枯れてしまいます。
でも、だからこそ、仕上げるまでの過程を丁寧に真剣に! と気持ちを引き締めております。
お稽古であれ、発表の場であれ、仕上がった瞬間の感動がずっと自分の記憶に残るように。

森先生、常に熱心で真摯なご指導に心からお礼を申し上げます。
感謝の気持ちを忘れずに、これからもお稽古に励みたいと思います。

森先生、皆さまにとって幸多い一年となりますように。

2-1murayama.jpg

花材 ストレリチア、沖縄シャガ、オンシジウム

村山 ゆう子
かわいい

昨年はいろいろな機会を生かし 作品作りにチャレンジされた村山さん
その熱意とセンスに 私も刺激を受けました
今年も さらに表現を広げてくださいexclamation


楽しみにしています

由華
posted by morikadou at 01:00| Comment(0) | 日記