2018年02月18日

早春のいけばな作品たち

皆様 おはようございます
お元気でいらっしゃいますか 晴れ
陽ざしは明るくなっているのに なかなか気温が上がりませんね
インフルエンザや花粉症で体調をくずされていませんか
今日のような穏やかな日曜日は ぜひ 有効に使って
リフレッシュしたり ゆっくりやすんだりと
有意義にお過ごしくださいるんるん

昨日 御茶ノ水教室が終わり 一階のエントランスホールを通ると
春らしい柔らかな色とりどりの いけばな作品が 飾られていました

B1BE13A6-EA7E-4830-A1FE-00A0AE6352AC.jpeg

花の桃李会 final 「 私たちの集大成 」 というタイトルで
本日一日の花展花見(さくら)花見(さくら)

東京の若手の池坊人 有志で作られた「花の桃李会」の花展です
瑞々しい感性の作品がたくさんぴかぴか(新しい)
池坊東京會舘一階エントランスホールで 午前10時より午後4時まで

ご盛会をお祈りいたしますexclamation

由華


posted by morikadou at 09:03| Comment(0) | 日記

2018年02月17日

華やかさとおちつきの啓翁桜

麻布台教室の中村かわいいです。

今回は京都から取り寄せていただいた、素晴らしい啓翁桜かわいいとアイリスかわいいで、生花二種生けにチャレンジしましたexclamation

花形 生花正風体
花材 彼岸桜花見(さくら) アイリス


52B89E33-3839-4317-80A9-8D367416C486.jpeg

しっかりとした立派な啓翁桜の枝は、ためが難しく、折ってしまいそうで、慎重に、注意しながらいけました。

アイリスのつぼみの濃紫色が奥ゆかしく、啓翁桜の薄ピンクを引き締めて、華やかさと落ち着きが感じられる、作品になりましたるんるん
森先生、ご指導いただき、誠にありがとうございました。

中村かわいい

posted by morikadou at 08:00| Comment(0) | 日記

2018年02月16日

個性を強調する

御茶ノ水教室の村崎かわいいです。
生花をはじめて1年程の私にとって、黒目柳・雪柳・バラという今回の三種生は、かなり高いハードルでした。

黒目柳と雪柳の個性的な枝ぶりに、手のつけようもなく途方に暮れていたところ、森先生から「個性的な枝ぶりを無理に型にはめようとせず、その個性をあえて強調することで、魅せる。」というアドバイスを頂き、副に選んだ個性的な雪柳を中心とした作品づくりに挑みました。

花形 生花正風体三種生け
雪柳、黒目柳、バラバラ


AE686D4F-2135-47F3-BF50-259ECBC86602.jpeg

通常の方法に習い、これまで真から挿すことしかしてこなかったので、副から挿し、そこに合わせる形で真などを作って行くというやり方は、私にはかなり難しいものでしたが、新鮮でとても良い経験になりました。
今後も先生にご指導を頂きながら、「自分にとって新しい作品」づくりにどんどん挑戦して行きたいぴかぴか(新しい)と思いますexclamation×2

村崎かわいい


posted by morikadou at 08:00| Comment(0) | 日記