2018年05月05日

風薫る

皆様おはようございます
ゴールデンウィーク後半いかがおすごしでしょうか
天候は日々不順なものの いけばなの世界では
「 風薫る 」のフレーズが似合う季節となりました

毎年同じ季節に 同じ花に出会う
でも 一つとして同じ花はない
いける人の気持ちも 刻一刻と変わり
同じではない
初めて出会うような感動や喜びが そこにある

先月 京都の花展 教学発表で拝聴しました
森部教授の講義 深く感銘しました

今年 私は教える側に立ち 20年目を迎えます
最初は自宅のリビングルームから 始まりました
虎ノ門教室 新橋教室 ときて 麻布台教室に出会い
今は麻布台 表参道と御茶ノ水の三ヶ所で教室を運営しています
学校華道 法人華道 ワークショップ イベントなど
三千人以上の方に レクチャーしてきました

その中で 一番嬉しいのは 生徒の皆がどんどん成長し
いろいろな花形をいけてくれるようになっていると感じること
皆それぞれに 自分の中に新しい可能性を発見する
その瞬間に立ち会える喜びと感謝

直子さんの立花正風体
かわいい
9B264594-3093-4A42-B09D-8CBEB68A9D31.jpeg

来年は 皆どんな花をいけているかしら
時は過ぎ去っても いけた花の一瞬の表情は 心深く残ります

薫花 香心
皆さん 一緒に行きましょう

由華


posted by morikadou at 08:00| Comment(0) | 花で語るひと