2018年07月20日

今年も蓮Special lessonへようこそ!

皆様おはようございます
連日の暑さに日本列島全体がジリジリと焼けているようです
元気におすごしでしょうか
昨日 東京オリンピックの競技スケジュールが発表されましたが
もしかすると2020年も 同じ暑さだったら。。
マラソンは朝のスタートになりそうです

このような夏 教室にたどり着く生徒の皆に
少しでも気持ち穏やかにまた楽しくすごしていただきたいと
毎年恒例にしているのが かわいい 蓮のスペシャルレッスンかわいい

8F93D675-FF97-49C7-8686-6B2901160078.jpeg

麻布台教室では 13年前に私が立てた蓮の立花を
仏画にしていただいた 思い出の掛け軸 を掛けました

さあ 後は皆を待つばかりexclamation

今日は二十名の蓮いけばな作品を 掛け軸前に飾ってみたいですね
初めて蓮に出会う人も多いので 水揚げ面白いですよ

皆 楽しみにるんるん お待ちしていますexclamation×2

由華

posted by morikadou at 08:00| Comment(0) | 日記

2018年07月19日

憧れの魚道生

お早うございます。
この度の西日本豪雨被災地の一日も早い復興を願っております。

今回は、雄株をフトイ、雌株を杜若で魚道生けのお稽古をさせていただきました。
この時期にお稽古したい憧れの花形かわいいでしたので、猛暑もなんのその、楽しみに教室へ向かいましたるんるん

まず森先生からのご説明を拝聴し、いよいよいけこみです。
フトイは少なめの11本。とはいえ初回の私にとっては10、11本目になるとバーコード状態に目がクルクル目
杜若も葉の表裏、爪先、前長後短など注意点は沢山。
先生の手直しをいただき、なんとか仕上げることが出来ました。
最後に水を並々と張り、記念の撮影exclamation

生花正風体 二種生
株分け 魚道生け


6FE0AF0F-AFEA-4447-B0FA-35233F3FA5A2.jpeg
外は猛暑、でもお教室では涼感たっぷりの魚道生けのお稽古が出来ました。
ご指導、有難うございました。

森先生、ブログ1500回超、おめでとうございますexclamation×2
とてもアクティブなブログ、いつも更新が楽しみ、そして良い刺激をいただいています。
これからも、森先生の社中ならではの多様性溢れるブログが盛り上がり続きますようにぴかぴか(新しい)

まだまだ猛暑は続きます。
先生、皆様、熱中症などにくれぐれもお気をつけて。


ym@表参道ひまわり





posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 日記

2018年07月17日

終わりがない道

このブログの1500回目の記事ということで、この一種いけをいけながら森先生の教室でなぜ自分は長続きしているのだろう、と考えていました。

型がある生花一種いけの中でも、今回のように1本に複数の花がつく花材では、正解のない答えに辿り着くのに様々な視点や切り口が生まれ易いのでは、と考えています。
今回でいうと、真と真の後ろあしらえの隙間の空間の作り方です。
その空間を最初埋めて生けていたのですが、手直しで先生が後ろあしらえを少し陰方に動かし、空間を創りました。

私は「そこの空間を作ることに以前は否定的ではありませんでしたか?」と問うと
先生は「確かに以前はそうだったけれども最近考えを改めたの」と仰いました。
その瞬間、これなんだな、と思ったのです。

花形 生花正風体
花材 トルコキキョウ


EF268280-87FB-4AAA-AEBD-0C6B8A98D4CB.jpeg

道のつくものは終わりがないと言われます。
つまり、誰であれ華道を続ける限り学び続け変化し続けることであることが前提ではあれど、それをこういう形で誰もが自らの教え子に見せられるものなのかな、と。
それと同時に美という定義が難しいことにおける教え子の意見や感覚の尊重も。
だからこそ自分はここまで続けられたのだと思います。

皆で創っていくこの教室が、このブログが2000回まで続き、その時にまたコメントが書けるよう精進したいと思います。



永田





posted by morikadou at 08:01| Comment(0) | 男もすなるいけばな