2019年04月19日

ざ・いけのぼう5月号

今年の春はゆっくり過ぎていくなぁ、と思いながらまだ残る桜を見上げていると、社中の方々から「ざ・いけのぼう、見ました!」とのご連絡が。
「???」と帰宅して急いでページをめくったところ、『ざ・いけのぼう5月号』(最新号)「花展レポート ‐ 平成31年 華道家元池坊 新春初生け式」に、出瓶した作品を掲載していただきましたぴかぴか(新しい)

7DB9C198-1F62-4DB9-9780-4CCF04E9FFDB.jpeg

全く思いもよらず驚くばかりですが、新元号となる5月号に、由緒ある京都での初生け式の作品が掲載されたことを大変光栄に思います。日本華道社様、誠にありがとうございました。
紙に乗って自分の分身が全国各地・海の向こうまで届けられるようで、静かな喜びが心の中にひろがっています。

初生け式には初参加で緊張しましたが、森先生にご指導をいただきながら、花材や花器、下いけなどの準備を行いました。易きに流れそうになったところを、「今年はよい年にしたい!妥協せずによりよいものを」という思いで、いけあげた作品でした。森先生、ありがとうございました。

未熟で拙いところばかりですが、これを励みに更なる精進を続けてまいります。
森先生、社中の皆様、いつも本当にありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願いいたしますexclamation

村田 康子

posted by morikadou at 11:00| Comment(0) | 日記

2019年04月18日

線を生かす自由花

御茶ノ水教室の松原です。
今日の自由花は丹頂リーキの線を活かすことをテーマに取り組みました。

花器は色合いと丹頂リーキの曲線を活かそうと思い選びました。

花形 自由花
花材 丹頂リーキ、ガーベラ、その他
かわいい

05C5698D-9661-45E2-8C7C-AA15146E4956.jpeg

最初は何となく腰高で不安定な感じがあったのですが先生のアドバイスで
丹頂リーキのひとつの位置をガーベラの下に移して生け直しました。

バランスも良くなって丹頂リーキの線もより活かせられたと思いまするんるん

松原


posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 男もすなるいけばな

2019年04月17日

一年ぶりの立花です八分音符

先日は立花に挑戦exclamation一年ぶり3回目です。
今回はワイヤーと可愛い袋も購入し、気分も盛り上がってからのスタートでするんるん

遠い記憶を探りつつ、黙々と作業。途中間違えちゃったけど、ワイヤーでリカバーできました。

花形 立花正風体
花材 スカシユリ、アレカヤシ、アイリス、その他
かわいい

0FF693B8-6A3D-41BB-9CBE-982CFA35DCB9.jpeg

すっと伸びたラインが心地よく、フレッシュなグリーンはピカピカしてる揺れるハート
パーンと花火のように、という先生のお話通り、弾けそうなエネルギーぴかぴか(新しい)を感じます。

春はスタートの季節ですねexclamation近いうちにまた立花を頑張ろうるんるん

村澤ちひろ



posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 日記