2019年04月19日

ざ・いけのぼう5月号

今年の春はゆっくり過ぎていくなぁ、と思いながらまだ残る桜を見上げていると、社中の方々から「ざ・いけのぼう、見ました!」とのご連絡が。
「???」と帰宅して急いでページをめくったところ、『ざ・いけのぼう5月号』(最新号)「花展レポート ‐ 平成31年 華道家元池坊 新春初生け式」に、出瓶した作品を掲載していただきましたぴかぴか(新しい)

7DB9C198-1F62-4DB9-9780-4CCF04E9FFDB.jpeg

全く思いもよらず驚くばかりですが、新元号となる5月号に、由緒ある京都での初生け式の作品が掲載されたことを大変光栄に思います。日本華道社様、誠にありがとうございました。
紙に乗って自分の分身が全国各地・海の向こうまで届けられるようで、静かな喜びが心の中にひろがっています。

初生け式には初参加で緊張しましたが、森先生にご指導をいただきながら、花材や花器、下いけなどの準備を行いました。易きに流れそうになったところを、「今年はよい年にしたい!妥協せずによりよいものを」という思いで、いけあげた作品でした。森先生、ありがとうございました。

未熟で拙いところばかりですが、これを励みに更なる精進を続けてまいります。
森先生、社中の皆様、いつも本当にありがとうございます。これからも、どうぞよろしくお願いいたしますexclamation

村田 康子

posted by morikadou at 11:00| Comment(0) | 日記