2020年01月02日

心に留める

「 心に留める 」

長谷川 瞳 (脇教授二級)

花形 生花新風体

14_長谷川.jpg

新年あけましておめでとうございます。
今年の夏は胸を熱くさせられる、印象的な場面に出合うことが多くなりそうな期待の年です。その印象深さが形に表されたような特徴の強い花材を使い、生花新風体で表現しました。
忘れられない、熱い出来事が、心に多く留まりますよう願いを込めて。


花材名:白椿、石化柳、ストレリチア


posted by morikadou at 19:00| Comment(0) | 花展

色に思いを込めて

「 色に思いを込めて 」

村山 ゆう子 (脇教授二級)

花形 自由花

13_村山.jpg

今年も皆様にとって佳き一年となりますようお祈り申し上げます。
東京オリンピック・パラリンピック開催の2020年、
グロリオサと南天の実の赤で情熱、
水仙の葉の緑でモティベーション、
金の水引バンドで一番高い表彰台、
色に出場選手の方々へ応援の気持ちを込めたつもりです。

でも赤と緑は、今年はもっと立花のお稽古をという決意が
ぶれないための、自分へのメッセージでもあったようです。
常に熱心で丁寧にご指導下さる森先生へ感謝の気持ちを忘れずに、
今年も沢山の事を学び精進してまいりたいと思います。
森先生のいけばな活動が、bijouxカラーと共に今年も華やぎますように。


花材: グロリオサ、水仙、南天、ドライかすみ草


posted by morikadou at 17:00| Comment(0) | 花展

淑気

「 淑気 」

吉田 圭子 (脇教授一級)

花形 立花正風体

12_吉田.jpg

新年あけましておめでとうございます。

新春のおめでたく和やかな雰囲気を込めて立調いたしました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

새해 복 많이 받으세요.

花材:バラ  アレカヤシ  ヘリコニア
ニューサイラン  しろたえ菊  メリー
フリージア   タマシダ  ウーリーブッシュ


posted by morikadou at 15:00| Comment(0) | 花展

新春万福

「 新春万福 」

五十嵐 美佳 (准教授二級)

花形 立花正風体

11_五十嵐.jpg

初春のお慶びを申し上げます。
令和に元号が変わり、初のお正月を迎えた本年、作品をご覧いただいた皆様の元に、そして麻布橘会グループに、幸せがたくさん訪れますように・・・。
こうしてエキシビジョンに参加させていただくようになってから、
「昨年できなかったことを今年は1歩ずつできるように」
を目標に精進を重ねております。
今年もまた、たくさんの学びの1年にしていきたいと思います。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。


花材:若松、根曳松、梅、水仙、しだれ柳、ビワ、イブキ、椿、小菊


posted by morikadou at 13:00| Comment(0) | 花展

玲瓏

「 玲瓏 」

桃川 麗香 (准教授二級)

花形 生花正風体

10_桃川.jpg


あけましておめでとうございます。
初心を忘れずに、お花に満ちた楽しい一年にしていきたいです。

花材名:水仙


posted by morikadou at 11:00| Comment(0) | 花展

煌めく春 2020

「 煌めく春 2020 」

関口 絵美 (正教授三級)

花形 生花新風体

9_関口.jpg


新年の慶びを生花新風体で表現させていただきました。
堂々とそしてダイナミックな枝垂れ柳は、まるで大きな幸福で包み込んでくれているかのようです。幸せに満ち足りた日々のおとずれを予感させてくれますね。

南天には、「難を転ずる」という言葉の由来の通り、様々な天災に見舞われた昨年への祈りを込めました。

そして、なんといっても今年はオリンピックイヤーです!
2020年の幕開けにふさわしく、美しく咲き誇る胡蝶蘭が華やかな一年を称えています。

皆さまにとって素敵な年となりますように。
今年も四季の移ろいや草花の命に寄り添い、一層の精進に励んでまいりたいと思います。



花材:枝垂れ柳、胡蝶蘭、南天


posted by morikadou at 09:00| Comment(0) | 花展

飛躍への控美

「 飛躍への控美 」


藤井 崇之 (脇教授三級)


花形 自由花


8_藤井.jpg


地に足がつくように、成長し続けるようにという願いが込められた「根曳松(ねびきまつ)」。
人生うまくいかないときもある。
そんな時こそ足元を固めて次の上昇気流を待つ。
上手くいかない時こそ努力し次のチャンスを待つのだ。
糸菊で華やかさを添えつつ、ナンテン(難を転じるための努力をしつつ)で願掛けを行ない、“将来への飛躍”を「控えめな美」を表す椿(ツバキ)で表現した。

トーマス・エジソン曰く、
「人間の最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。」。
ホバリング状態が続いた平成最後(令和最初)の年、何度もう一度だけと思ったことだろう。

これは2020年の飛躍への糧であったと言いたい。
そう準備は出来ている。
いまこそ控美から飛躍へと邁進したい。


花材名:根曳松、糸菊、ツバキ、ナンテン


posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 花展