2020年04月17日

花筏 はないかだ


1B397399-534F-4617-B2C7-2816BE4293CB.jpeg

以前ブログの中に 花筏 (はないかだ)という言葉が 使われていました
何だろう と思われた方もいらっしゃると思います
花筏かわいいとは 春の季語の一つ 
川面に散った 桜の花びらたちが溜まって 筏のように流れていく様を表しています
和歌に使われているかと思うと 江戸時代以降に作られた言葉のようで 
こちらの和歌が しっくりしました 

 水のおもに 散りつむ花をみるときぞ 
  はじめて風はうれしかりける


今までは花を散らす風を うらめしく思っていたが
水面に桜の花びらが散り積もっていくのを見るときは
初めて風が嬉しいものに思われるなあ
                    
藤原成通 金葉集 より

1D21B4C9-D02A-4BDC-9EF6-046292698140.jpeg

和服を飾る家紋にも 花筏の紋があり 装飾性の高いものです
春のきものなどに 洒落紋として染めてみるのも優雅
季節のうつりに敏感で 繊細な感性を持つ先人
決して優雅ばかりでない生活だからこそ 
毎日を工夫して 丁寧に生きていたのでしょう

つぼみから花筏まで 満開以外にもそれぞれの姿で魅せてくれる桜
来年の桜は ぜひ皆でお花見したいものです

由華



posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 日記