2020年07月01日

MORIYUKAstyle-池坊 色は無いのに色がある

皆様こんにちは ようやく7月になりました!
今日の表参道教室より 教室がリスタートいたします
お待ちしていますね

さて 五月から始まりました 新カテゴリ
  MORIYUKAstyle-池坊
私が過去の花展やイベントで発表したいけばな作品について、その当時の制作過程や作品に対する思いを知っていただき、皆さんが自身での作品制作をする際のヒントになればと願います。
自分だけで楽しむいけばなとは違い、人に見ていただく発表の場合、喜びの前にたくさんの悩みや不安がついてきます。
楽しく悩みましょう! それがいけばなの醍醐味です。

五回目にご紹介するのは 
2003年 汐留の「カレッタ汐留」池坊夏のエキシビションに
出瓶した 立花正風体 


2002年に華々しくオープンした カレッタ汐留( 電通本社ビル )では 
当時 季節毎に池坊の花展が 商業フロアで開催されていました
東京湾ベイエリアにそびえる 高層ビルの先駆けとして
大変人気がある流行の場所に 池坊の花を 展示出来る喜び
当時の出瓶者全員が やる気と誇りにあふれていたと思います

46階のスカイレストランフロアに 飾った
 モダンな 杜若一色の立花
花材 カキツバタ、シマフトイ、河骨

BD504031-8410-45DD-A5A6-7F25D951A4C6.jpeg

変えずに 変える

最先端のビル 東京湾が見渡せる46階のフロア
壁も床も黒のクールな空間に 夏をいける ということで
あえて 杜若の立花を立てることしにました
杜若の花の紫 葉の緑 が 映えるのではと思ったからです

実際に立調してみると 冷房が影響し花葉が萎れます
会期の約一週間 毎日手直しに通いました
しかし 花の表情は皆違うのです 
一色立花という形は 変えずに 表情をその日の花材に合わせる
とても勉強になりました

色は無いのに 色が有る

手直しに通っていると フロアにお勤めの方や観光客が
声をかけてくださいます いけばなの説明をすると 
殆どの方が 一回花を生けると一週間位はそのまま綺麗でいると
思っていて 私が毎日花を変えるというと 驚かれました
それまでは いける側の私達は あくまでも黒子
観賞する側のお客様に 頑張っている所を見せる必要はない
と思っていましたが 考えが変わりました
今は デモンストレーションだと思えば
いける所作や途中経過も お見せ出来ますね

私が教室の コンセプトを 
「 花も いける人も美しい空間を 」にしたのは
この時からです

いける姿まで 気配りできるようになりたいものですexclamation

花展のデイレクターも 杜若の花を見たのは初めてだったようで
 「 色がないのに 色がある そんないけばなですね 」
とお褒めをいただきました

では 次回に繋げていきましょうexclamation×2

7月15日  自由花を予定しています


森由華






posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | MORIYUKAstyle-池坊