2014年07月24日

花の展覧会(La mostra dei fiori)最終回

暑い日が続いていますが、いかがお過ごしでしょうか。
この一年「花の展覧会」というタイトルでブログを書かせて
いただきました。
更新回数は少なかったのですが、楽しんでいただけましたか?
花をモチーフにした作品は数多くあります。
美術館などにお出かけの際にはぜひ探してみてください。
お気に入りの絵が見つかると思いますぴかぴか(新しい)

今回は「花」ではなく「花を生ける」というテーマでご紹介します。
一枚目は陽洲周延(ようしゅうちかのぶ、1838年〜1912年)の描いた
「千代田の大奥」から「茶の湯廻の花」(1895年)です。茶の湯周花.jpg

いけばなは「武家のたしなみ」と言われていたように
従来男性が生けていました。
しかし江戸時代になると女性が花をたしなむ姿が見られる
ようになります。
とくに絵画では、生花を生ける姿が描かれることが多いのですが、
江戸時代中期の浮世絵師、鈴木春信(1724年〜1770年)が描いた
作品は花を立てています。

鈴木晴信.jpg

鈴木春信は、美人画で有名なのですが女性の背景に
花が生けられているものも多くあります。
今では女性の趣味、たしなみというイメージがありますが、
歴史的に見れば実は女性が本格的に花を生けるようになった
のは、最近のこと。
これから先、男性女性問わず、花を好きな人たちが誰でも
生け花を続けていければ嬉しいですね。

最近私は立花のお稽古をしていました。
ギガンジュームを真・請・控枝に、ナツハゼを副・流枝・見越に
使った立花

2014.06.20 (2).JPG


クルクマジンジャーを真・請に、オクロレウカを副・流枝・見越に
使った立花

2014.07.18 (2).JPG

立花はお稽古した数だけ上手になると言われるように、回を重ねると
理解が深まっていきます。
今後も楽しみながらお稽古を続けていきたいと思います。

今回をもちまして、花の展覧会は最後になります。
皆さま、本当にありがとうございました。

ひまわり








posted by morikadou at 09:09| Comment(1) | 花の展覧会 La mostra dei fiori
この記事へのコメント
ひまわりさん 一年間レギュラーブロガー 有難う!
おつかれさまでした いろいろな視点から紹介された花の絵画達
新鮮に楽しめました また充電して再登場してくださいね 
Posted by 由華 at 2014年07月31日 23:11
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: