2014年07月30日

はななすの歌舞伎花暦〜千秋楽『蓮』

こんにちは、はななすです。浴衣姿が多く見受けられ、暑さの中にも夏の風情が感じられる頃となりました。

 先日、以前の習い事の恩師を偲ぶ会が行われ、お写真の後ろにいけばなを飾らせていたただきました。恩師とともに過ごした時間を思い返し、優しくて可愛らしいお人柄をトルコキキョウで、力強いピアノの旋律を五線紙に見立てたニューサイランで表せたらと、心をこめていけました。

20140727.jpg

集まったみなさんにも、その思いを受け取っていただくことができ、ほっとしました。今回も森先生、先輩方、三田ハナモさんにお力をいただき、心強かったです。ありがとうございました。

 さて、歌舞伎花暦も本日をもって千秋楽を迎えました。幕切れを飾るのはです。

画像 1769.jpg

ご紹介する演目は『摂州合邦辻(せっしゅうがっぽうがつじ)・合邦庵室の段』。

元武士である合邦は出家し、いまでは小さな庵に住まっています。娘の玉手御前は若くして大名の後家に治まりましたが、お家騒動を発端に、義理の息子・俊徳丸に毒を盛り、不義をしかけます。逃げる俊徳丸、追う玉手御前合邦の庵で一同が会し、玉手御前は娘の行いを恥じる父・合邦の刃にかかります。しかし息絶える間際、玉手御前から衝撃の真実が語られるのです!

 暗い庵室の庭先には、ことの顛末を見守るように静かにの花が浮かんでいます。その姿は人間の業を包み込み、浄化させる唯一の救いのようでもあります。がそこにあるだけで、物語の結末が崇高にさえ見えてくるのでした。

 昨年から10回にわたる連載となりましたが、ご愛読いただきありがとうございました。
歌舞伎の中に登場するたくさんの花草木は、そこにあるだけで物語の真意を語ってくれることに気付かされる1年でした。みなさんも、ぜひ気軽に歌舞伎座などの劇場をのぞいて、花さがしをしてみてくださいね。
それでは、またお目にかかれる日まで!

IMG_1549.JPG

はななすかわいい
posted by morikadou at 22:29| Comment(1) | はななすの歌舞伎花暦
この記事へのコメント
はななす様 一年間本当におつかれさまでした ひまわりさんのブログとともに 101CARATの美の双璧! 毎回読み応えがあって感心していました 新年度もまた新たに 楽しみにしています
Posted by 由華 at 2014年07月31日 23:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: