2018年03月02日

木の魅力を探る

雨水の日に
今日のテーマは、桜を使い草とは全く違う強さや個性を備える木の魅力を探ることでした。

花材は、彼岸桜、アイリス、菜の花、ピットスフォルムの4種類。

いつもは最大3種類くらいのため、少し戸惑いながらのレッスでした。
レッスンの日が二十四節気の雨水(うすい)の日に当たったため、草木が芽吹き始めるイメージを持ちながらレッスンに臨みました。
立枝と横枝の両方を生かし自然の景観を表現できるよう努めました。

Wisteria

花形 自由花
花材 彼岸桜 アイリス 菜の花 ゴッド

IMG_9143.jpg

-----
On a day of Usui
Today’s theme was to explore the fascination of “tree” which have quite dif
ferent character from grass. The materials are Higanzakura (Prunus subhirtell
a), Iris, field mustard, and Pittosporum. As I have arranged flowers with up
to 3 materials, additional material made me confused bit. The lesson day fell
on “Usui” on the list of solar term which would be composed of any of 24 po
ints in traditional East Asian lunisolar calendars that matches a particular a
stronomical event or signifies some natural phenomenon, I started the lesson b
y trying to have the concrete image of vegetation sprouting vividly, and tried
to express the natural landscape by taking advantage of the branch of Higanza
kura in a vertical and horizontal fashion.

Wisteria
posted by morikadou at 08:00| Comment(0) | Wisteria's Struggling Kado Diary
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: