2018年10月17日

楽しいと思えるということ

柳の枝はとてもためやすく、付き枝の捌きが難しくも楽しいお稽古でした。
先生から、「楽しいと思えるということは、向いているということ」るんるんと言っていただけてとても嬉しく、励みになりました。

以前より理解を深められてきましたが、まだ体の部分が納得のいくように生けられないので、体の花のボリューム感や高さなどがもっと綺麗に入れられるようになるのが当面の目標ひらめきです。

花形 生花正風体
花材 コウリヤナギ、小菊
かわいい
F99061DE-2E1D-48A3-9E5C-0FA5DF82C117.jpeg

いけばなは季節折々、その時期により色味も変わり、また同じ花材や花型でもそれぞれの花材により表情も違うので毎回とても勉強になります。

また時間をおいて同じ花材で練習をしていきたいと思いますexclamation

五十嵐かわいい

posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: