2019年02月20日

発会式を終えて 英語訳付

先日、池坊東京会館にて麻布橘会グループの発会式が開催されました。
森由華先生の代表挨拶にはグループ設立への熱い想いが溢れており、今後のお稽古の励みとなりました。
その後、壇上にて生徒ひとりひとりに免許授与があり、貴重な機会となりました。

池坊美佳様に御巡視賜わりました記念初いけでは、大変有り難いお言葉を頂戴いたしました。
午後の茶話会は、普段のお稽古ではなかなかお話する機会のないお社中の皆様ともお話でき、楽しく和やかなひと時でした。

一生の思い出となった発会式の2日後、生花正風体桃一種生けのお稽古をいたしました。
私も池坊生け花の素晴らしさを広く発信できるよう、稽古に励みたいです。

Somedays ago, the ceremony to celebrate the foundation of Azabutachibanakai-group at Tokyo Ikenobo Hall.
The representative remarks from Master Mori Yuka sensei was filled with the passion of setting up the group. It inspired me to do further practice and to explore the potential of Ikebana for the future.
After the remarks, the Master gave licenses to each student including me on the stage. It was a precious experience.
At the memorial flower exhibition, which was held in the occasion of the ceremony under the supervision of Madam Mika, I was so happy to be given a few words from the Madam.
Afternoon reception with tea and sweets was in friendly atmosphere. We were able to have some conversations each other there.
Two days after the ceremony, which was one of my most impressive memories in my life, I arranged branches of peach tree in a style of Shoka-Shofutai.
I would like to focus on my practice in order to share the greatness of Ikenobo Ikebana all over the world.

花形 生花一種生
花材 桃

4914AB64-E16F-49F5-8584-D5D9C1CA0C5D.jpeg

鶴田由佳
Yuka Tsuruta
かわいい
posted by morikadou at 08:00| Comment(0) | international class
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: