2019年08月04日

盛夏の杜若

盛夏のかきつばた

暑中見舞い申し上げます。
やはり今年の夏も暑い晴れですね。

汗をかきながらたどりついたこの日のお稽古は、生花正風体一種生・かきつばた(花3本)です。

目を奪われた茎のくねり、しっかりとした葉の手触り。
春から初夏のたおやかな姿から一転。季節をまたぎ、成長したかきつばたの伸びやかさに、力強ささえ感じますexclamation
そんな姿を表すことが、盛夏のかきつばたの大事な点と心得ました。

花形 生花正風体
花材 杜若


4B59AB6B-1E40-4F48-B141-445C9390759B.jpeg

毎年何回も取り組む花材だからこそ、いけ方の癖の修正や、季節ごとの表現を学ぶことができるのも、かきつばたの大きな魅力ぴかぴか(新しい)です。
秋、冬とまた取り組んでみたいです。

森先生、ありがとうございました!

はななすかわいい



posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: