2020年01月02日

飛躍への控美

「 飛躍への控美 」


藤井 崇之 (脇教授三級)


花形 自由花


8_藤井.jpg


地に足がつくように、成長し続けるようにという願いが込められた「根曳松(ねびきまつ)」。
人生うまくいかないときもある。
そんな時こそ足元を固めて次の上昇気流を待つ。
上手くいかない時こそ努力し次のチャンスを待つのだ。
糸菊で華やかさを添えつつ、ナンテン(難を転じるための努力をしつつ)で願掛けを行ない、“将来への飛躍”を「控えめな美」を表す椿(ツバキ)で表現した。

トーマス・エジソン曰く、
「人間の最大の弱点は諦めることにある。成功するのに最も確実な方法は、常にもう一回だけ試してみることだ。」。
ホバリング状態が続いた平成最後(令和最初)の年、何度もう一度だけと思ったことだろう。

これは2020年の飛躍への糧であったと言いたい。
そう準備は出来ている。
いまこそ控美から飛躍へと邁進したい。


花材名:根曳松、糸菊、ツバキ、ナンテン


posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 花展
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: