2020年05月01日

MORIYUKA style-i池坊 「 cascade 」

皆様こんにちは 本日より風薫る五月 いかがおすごしでしょうか
先週スタートしました IKEBANApetit bijouxに続きまして
以前より考えていた 新しいカテゴリ
 MORIYUKAstyle-池坊 を始めることにしましたexclamation
 モリユカスタイル イケノボウ と呼んでいただければ嬉しいです

私が 過去の花展やイベントで発表した いけばな作品について
その当時の制作過程や 作品に対する思いを知っていただき 
そして 皆さんが自身での作品制作をする際の ヒントになればと願います
自分だけで楽しむいけばなとは違い 人に見ていただく発表の場合
喜びの前に たくさんの悩みや不安がついてきます
楽しく悩みましょう! それがいけばなの醍醐味です


花をいけるという行いが あなたと私を繋ぎ
お互いを高め 呼応し 未知の可能性となって
まだ見ぬ人にも 繋がっていけますように


今回ご紹介するのは 
20年前の5月 東京銀座での「池坊展」
青年部席に初参加した 思い出の作品
高さ60×幅40×奥行40cm の 小品自由花


「 Cascade 小さな滝 」四つ葉と名付けました
small work of Free style

C63160C4-AE4A-43D0-8CD3-574EF8DB890F.jpeg

自由花の可能性は無限

池坊の花形で立花、生花は伝統的な様式美がベースにあるため、花器も既存の形が使われます。しかし、自由花の表現はまさに「自由」exclamation。花に水を与えられる仕掛けがあれば、どんなものを使ってもよいのではないでしょうか。もちろん、そこには池坊の美感が感じられるのがベストですが..
そこで私は、ガラスで出来たキャンドルスタンドを花器にしようとしました。この写真ではわかりませんが、表面が水の流れのように湾曲して「 cascade 小さな滝 」ぴかぴか(新しい)を連想させます。これに、水を入れる仕掛けとスタンドを立たせる台を作りました。
花材は、水の動き見せるシマハランとスチールグラス、華やかなピンクのミニ胡蝶蘭に涼しげな紫陽花。紫陽花は水が下がりやすいので、展示中ずっと心配していたのを思い出します。

花器でないものを花器にするのは難しい。でも、試行錯誤しながらチャレンジするのは楽しいもの。視点を変えればどんなものも花器になり、既存の花器では表せない世界観をみせられます。この時はたくさんの方が、この作品をどうやっていけているのか不思議そうに覗き込んでいらっしゃいましたね。いけばなは、小さい作品だから楽ということはないな、と学びました。

では、また次回に繋げていきましょうexclamation×2
5月15日 生花新風体を予定しています

森由華

教室メンバー限定ブログ 和と美では
プラスα のお話もあります 
メンバーはぜひチェックしてくださいませ





posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | MORIYUKAstyle-池坊
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: