2013年08月13日

今年の蓮



池坊いけばなを学んで よかったと
思うことの ひとつに 
年齢を重ねるのが 楽しくなったことがある

十年前にいけた蓮 と 今年の蓮は まったくちがう
その時の わたしを映し出している
たとえ未熟でも なんとか精一杯いけたと思えば 気持ちがいい
そして また いけたいと思う

来年の蓮は 十年後の蓮は
どのようにいけられるのだろうか 想像すると
楽しくてたまらない
待つ 楽しさを いけばなは 教えてくれた


       蓮と葦、薄の立花正風体


       2013073014530000.jpg

            池坊中央研修学院 総合特別科
            森部立花研究室 第二期第二作
              花材 蓮、葦、薄、河骨、桔梗、銀宝珠
              

今年の蓮は 炎暑の中を泥中から 伸びたった
葦と薄で 風をおくる
盂蘭盆の季節 先達への敬意感謝をこめて 

半日も待たずに 様相が変わる 蓮の儚さ
だからこそ 一瞬の永遠を信じたい

来年も 蓮をいける

                       由華
 






   
posted by morikadou at 13:20| Comment(0) | 池坊中央研修学院
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: