2013年11月05日

はしゆか花詩 vol.2 リンドウ

みなさん、こんにちは。はしゆかです。

先日、お寺で生花をいける機会がありました。
人が大勢目にするメインの床の間にかざる事もあり、先生に花材を選んで
いただきました。
レッスンで何度かいける練習を行い、その後お寺で再現することにしました。

お寺に飾って多くの人を出迎える、という事も貴重な体験となりましたが、
いけばなの起源となっている仏前供花に触れる事ができた気がしましたぴかぴか(新しい)

hirata_IMG_0794.jpg

花材:『ドウダンツツジ』『リンドウ』

今回はリンドウをピックアップします。
花ことばは、「貞節」「誠実」「正義」などがあります。
花ことばの由来ではありませんが、「リンドウ」自体の名前の由来を
ご紹介します。

昔、リンドウの根を薬草として利用していたそうです。
その味は、胆汁のようにとても苦いものでした。
苦味の最上級を意味する「龍」を使い「龍胆りゅうたん」と表現された
ことから、「リンドウ 竜胆」という名に転じたと言われているそうですひらめき

花を見る限り、そんな苦い物とは思えないですね。


Hashiyuka "Hanauta:flower meaning" vol.2 Gentian autumn bellflower

Hi everyone.

I had a chance to arrange flowers at a temple recently.
This is called "Shoka" in Japanese.

The "Sho-ka" was displayed in the alcove of the main room of the temple.
The display will be seen by many people, so my teacher chose the appropriate flowers for me.

I practiced for the "Sho-ka" in my lesson a few times and then I decided to reproduce the same arrangement again at the temple.
Doing the flower arranging at a temple was a very valuable experience for me because I felt I had touched the origin of Ikebana Ikenobo, which started as Buddhist floral offerings.

The flower for "Sho-ka" today:Enkianthus perulatus and the Gentian autumn bellflower

The Gentian autumn bellflower has several flower meanings such as "faithful", "integrity" and "sense of justice".
I'll introduce one episode about the "Name origin" of the Gentian autumn bellflower instead of going into the meaning of the flower.

A long time ago the root of the Gentian autumn bellflower was used for medical treatment.
The taste was very bitter like bile.
Because of this the name was given the character "龍" which means dragon and the character "胆" which means gallbladder.
These names reflect the bitternes of the root.

It is hard to imagine just looking at the flower that it is such a bitter plant.

かわいい はしゆか

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: