2014年01月28日

花の展覧会(La mostra dei fiori)3回目

久しぶりの投稿ですたらーっ(汗)
みなさま、お元気ですか?

さて今回の「花の展覧会」は水仙。

「陰の花 水仙に限る」
伝花にもなっている水仙は、池坊では欠かせない存在ですね。


suisen1.jpg

伊藤若冲の描く水仙。
この作品は、信行寺の天井に描かれた花の十二ヶ月の一枚。
12月の花として描かれています。
伊藤若冲といえば、江戸時代中期の画家で、若い頃は狩野派に学び、
その後は中国絵画の模写をしていたところから独特の画報を作り上げたと
言われています。
まるで写生をしたかのように描かれた動植物はリアルですよね〜目

ところで、水仙は日本原産ではありません。
原産地は地中海地方。

はっきりとした伝来時期がわからないのですが、
一説には室町時代に伝来したと言われています。
室町時代に編纂された「下学集」という書に「水仙」という文字が登場します。
これ以前の書や和歌に登場しないことから、室町時代に伝わったのだろうと
考えられているそうです。


日本の花だと思っていたので、驚きましたexclamation&question

花にも歴史あり、ですね。

こちらは昨年11月に生けた水仙の一種生け
2013.11.29.JPG

難しいけど癖になる水仙の一種生け。
冬になったら一度は生けたい花材です。

皆さま、本年もよろしくお願いいたします。

ひまわり
posted by morikadou at 20:11| Comment(0) | 花の展覧会 La mostra dei fiori
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: