2019年07月08日

英理女子学院高等学校華道部便りVol.3」

「英理女子学院高等学校華道部便りVol.3」

華道部便りVol.3をお届けいたします
先月の英理女子学院高等学校華道部は「いけばな池坊巡回講座- Ikenobo2019-」参加にお稽古が3回ととても充実したひと月でした
さらに嬉しいことに、新たに一年生の部員が加わり、より賑やかになりました!
お稽古では毎回、まず自分でその日の花材の中から主役・相手役・脇役を決めます。さらに、主役に選んだ花材や自分が生けたい作品のイメージを基に、全体の構成を、たての花・よこの花・ななめの花から選んで生けていきます
使用する花材と花器は同じでも、生け終えた作品にはそれぞれに個性があり、部員同士で主役を決めた理由や作品の見どころについて質問し合っています
部員同士、互いにどんどん高め合っていけるといいですね!
7月は夏休みに入るため部活動はありませんが、部員一人一人にとって佳い休暇となりますようお祈りいたします

3年生 樋渡さんかわいい
C0D27C6B-D95F-4335-954F-ABF67201C0F1.jpeg

1年生 朝倉さんかわいい
6B479B17-5731-4BAC-9927-B81A3418C8CE.jpeg

1年生 高野さんかわいい
D70744B0-70B2-49B0-8193-A9BC9E2062DC.jpeg

This is the third letter from the Kado club!
In June, the Kado club of Yokohama Eiri Girl’s High School took part in a seminar “Ikenobo2019” and had three club lessons.
It was a fruitful month so that we could deepen the knowledge about Ikenobo Ikebana further.
What made us happier was that a new club member who is 1st grade joined in our Kado club, and our activities have become more lively!
At every Ikebana lesson, as the first step, they must decide the main flower and sub flowers among flower material of that day. Then, based on the chosen main flower material and the image of the whole arrangement, we arrange Ikebana works after setting an arrangement principle such as vertical, horizontal or diagonal one.
After finishing their works, we can discuss the reasons why they selected the main flower among other material or the features of their works. Although the club members use the same flower material and vases, their Ikebana works have their unique character.
I hope that the members improve step by step their skills on Ikebana each other.
In July, there is no club activities for ending the first school term. I hope that club members will have lovely summer vacations!
posted by morikadou at 08:01| Comment(0) | 学校華道

2019年06月04日

英理女学院高等学校華道部便り vol.2

英理女子学院高等学校華道部便り Vol.2

5月24日、英理女子学院高等学校華道部では、10連休や中間試験を挟んで約1か月ぶりに部活動が行われました

令和の時代を迎え初めての部活動となるこの日、池坊いけばなの歴史、即ち日本のいけばなの歴史について講義
訪日・在留外国人も大幅に増え急速に社会がグローバル化するなかで、自分たちが日本の伝統文化であるいけばなを学んでいることに誇りをもってほしい、そのような願いを込めてこのテーマを選びました

実技では、この日の花材が薔薇、スターチェリー、マリンブルー、スチールグラス、ドラセナ、ゴットととても華やかでしたので、コンポートの花器を用いて、皆思い思いに生けました

6月は「いけばな池坊巡回講座-Ikenobo2019-」に参加するほか、ほぼ毎週部活動があるので、皆で楽しみつつ池坊いけばなへの理解を深めていきたいです!

准講師 鶴田由佳

三年生 樋渡さんひまわり
CF1C9E41-0CD2-4658-AC3B-477753E29590.jpeg



二年生 荻原さんひまわり
72DD2B6A-A588-4481-9054-97BBA5E5E37B.jpeg

On 24 May, the Kado club of Yokohama Eiri Girl’s High School had the first session for four weeks which included the 10-day holiday celebrating the transition of the Japanese Emperor and Empress as well as a midterm exam at the school.
In this first session after the Reiwa period has begun, I lectured the history of Ikenobo Ikebana. Mainly it was about that Ikenobo is the origin of the Ikebana; the development of three styles of arrangement, Rikka, Shoka, Jiyuka; and, the fact that Ikenobo’s headmaster is also head priest of Rokkakudo temple in Kyoto.
I have chosen this topic because I want the students to be proud of themselves who learn Ikenobo Ikebana as one of the traditional Japanese culture in a globalizing society where we see the drastic increase of foreigners coming to Japan or living there.
In practice, we used a black compote as a vase for enjoyably arranging Ikebana works with the gorgeous flower material of that day: rose, star cherry, marine blue, steel grass, dracaena, and green leaves.
In June, we plan to take part in “Ikenobo2019” and to have lessons almost every week. So, we would like to deepen the knowledge about Ikenobo Ikebana with fun!


posted by morikadou at 07:01| Comment(0) | 学校華道

2019年05月03日

英理女子学院高等学校華道部便りvol.1

皆様おはようございます。
ゴールデンウィーク、いかがおすごしでしょうか。

昨年、私が華道部を指導をさせていただいてています
高木女子学園高等学校は新たに「英理女子学院高等学校 」と
名前を変え運営を大改革することを発表しました。

そして新年度、華道部も私森由華と社中の鶴田さんが
チームを組んで華道部指導にあたります。
海外赴任経験もあり、英語と仏語を話せる彼女
高校生との出会いを大切に、お互い活性化してほしいですね。
鶴田さんはまだ教える側に回ったばかりですが
自身も一生懸命努力しています。
女子高校生にとって、一緒に頑張り将来の相談にものれる
お姉さんのような存在になってもらえたらと願っています。

そんな鶴田さんが今年度より
月に一回の華道部通信をお届けいたします。
応援の程、宜しくお願い申し上げます。

由華


....................................................................................................

かわいい英理女子学院華道部便り Vol.1」

いよいよ「令和」の時代がスタートしました
外務省によれば、この新元号「令和」を「beautiful harmony(美しい調和)」ぴかぴか(新しい)と英訳するそうです
さて、新一年生を迎えた英理女子学院高等学校華道部では、先日、平成最後の部活動がございました
この日の花材は、春の日差しのような山吹、可愛らしいピンクのミニ薔薇、品の良いマリンブルーととても春らしい雰囲気でした
華道部で使用する花材は、大倉山のお花屋さんが毎回店頭の花とは別に市場で仕入れて下さっているもので、部員達も大変有難く思っております
皆それぞれ主役とする花材を決め、指定花器を用いて、主役の花材が映えるよう、そしてその他の花材が名脇役になれるよう意識して作品をいけました
作者の世界観を、主役の花材と脇役の花材とが花器という舞台の上で、美しい調和(まさに「令和」!)をもって表現できるよう、お稽古に励んでいきたいです!

鶴田かわいい

四つ葉3先生で華道部部長の藤本さんのミニ薔薇を主役とした作品
6BC0938B-91CF-497A-8FD3-A85A0A247708.jpeg

四つ葉新一年生あさくらさんのマリンブルーを主役とした作品です。
A8F2A9C5-0537-4EAB-B90F-566B495CF52A.jpeg

The Reiwa period has begun.
According to the Ministry of Foreign Affairs, the English translation of Reiwa is beautiful harmony.
Anyway, some days ago, the Kado club of Yokohama Eiri Girl’s High School had the last session before the end of Heisei period.
The kinds of flower material that we used on that day were Yamabuki, Mini Rose and Marine Blue.
The flower material that the club uses is supplied by Delphi, a flower shop. For the club activities, the shop separately purchases flowers at the market. We would like to express our deepest thanks to the shop.
Club members arranged Ikebana works using regulated flower vases after choosing the main flower among the three sorts of flower material. In the arrangement, they keep attention that the main flower must be salient and other flowers must be good bystanders.
We would like to keep our training on Ikebana in order to be able to express the world views of creators using main flowers and sub flowers on the vases as stages with beautiful harmony (Reiwa!).



posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 学校華道