2014年09月02日

はしゆか花詩 vol.10 『蓮』

みなさん、こんにちは。

今回は夏のスペシャルレッスン、『 蓮の自由花 』にトライしました。

蓮の命は短く、開花から4日め頃には花びらが散ります。
摘み取ってからの命は更に短く、いける前には水揚げさせてからになり、一日持ちません。

名前の由来は、花の中心部にできる花托が蜂の巣に似ていることから『はち巣』となり
『はす』と呼ばれるようになったという説があります。

  かわいい蓮の花言葉:『 雄弁 』『 清純な心 』『 神聖 』かわいい

  image.jpeg

昨年からブロガーを務めさせていただきましたが、今回で最終回となりましたexclamation
ご覧いただいたみなさま、本当にありがとうございましたexclamation×2

また、何処かでお会いしましょうるんるん

はしゆかかわいい

Hashiyuka Hanauta:flower meaning vol.10 Lotus

Hi everyone.
I did "jiyuu~ka" in my last lesson.
Today's lesson is a special summer lesson about the Lotus!
Jijyuu~ka does not have any strict rules and you can arrange them any way that you want.
The lotus has such a short life.The life of a lotus in bloom is only four days.

The life is even shorter when you pick the lotus from a pond.the life for a lotus picked from a pond is only one day.

The center of the lotus looks like a honeycomb structure.In japanese, we call this " Hachinosu".
"Hachinosu" became "Hasu" ,which is the Japanese name for the lotus.

The flower meanings are " eloquence" "pure" , and "holy"ぴかぴか(新しい)ぴかぴか(新しい)
This is my last blog for Hashiyuka"Hanauta:flower meaning"exclamation×2

Thanks so much for reading this blog since last Aug.
See you againexclamation×2
XOXO

Hshiyuka


2014年07月05日

はしゆか花詩 vol.9 銀香梅 (ぎんこうばい)

みなさん、こんにちは。
エキシビジョン終了後、生花のレッスンに専念する日々が続いています。

生花の「決まりごと」がなかなか掴む事ができず、悪戦苦闘中。

花材をためる、さばく、という事にもまだ慣れていないため、力を入れすぎて枝を折ってしまう事もありますが、練習あるのみ!力の入れ加減も経験を重ねてわかるものです。


今回の花言葉は、二種いけの花材の中から「銀香梅」を紹介したいと思います。


 古くからヨーロッパでは、美しく香りのある清楚な花が愛されていました。
 この銀香梅もその1つです。
 今でも神聖な愛の象徴とされ、結婚式の飾り花やブーケに利用されているそうです。

 花言葉「愛のささやき」の由来はここからきているのかもしれません。


また、アダムとイヴが楽園を追放されたとき、神様に許されて楽園から持ち出した3つのもののうち、1つは銀香梅だった、という話もあるそうです。


花材:『銀香梅』『バラ』

20140705.jpeg


......................................................................

Hashiyuka "Hanauta:flower meaning" vol.9 Myrtus communis

Hi everyone.
I did "Sho-ka" in my last lesson.
I've been taking lessons to practice for Sho-ka since our first exhibition finished!

Sho-ka has some strict rules, which are difficult to understand completely
and it takes a long time to do the arrangements following these rules.
When arranging the flowers, we have to make curves and dress or clean the leaves to make the shapes
for the Sho-ka style. It is difficult to curve the flowers. If you bend them too much, the flowers break.
It takes a lot of practice. I hope that the more I practice the easier it will become.

The flowers today are the Myrtus communis and Rose.

I'll introduce one episode about the flower meaning of the Myrtus communis.
Since a very long time ago, beautiful and fragrant flowers have been very popular in Europe.
The Myrtus communis is one of them.
The Myrtus communis is regarded as a symbol of pure love and is used for wedding decorations or bouquets.

The origin of the flower meaning "sweet nothings" comes from this.

Also, there is an anecdote that the Myrtus communis is the one of three things Adam and Eve were allowed to take from the garden of Eden.


かわいいはしゆか

2014年05月20日

はしゆか花詩 vol. 8

みなさん、こんにちは。
『池坊いけばなbijoux表参道ファーストエキシビジョン』無事、終える事ができました!!
ご来賓のみなさな、お客様、関係各位、森先生、実行委員のメンバー、そして出瓶者の皆様、本当にありがとうございました。

今回は微力ながら、広報関係そして案内はがきの作成で協力させていただきました。
今後もいけばなbijouxの広報強化に貢献できればと思っております。

そして『ファースト』の経験を活かし『セカンドエキシビジョン』へ繋げていきたいと思います!

今回は花展の花材から「グロリオサ」を紹介させていただきます。

「グロリオサ (Gloriosa)」はラテン語の「gloriosus (栄光、立派)」に由来し、
グロリオサの花びらがメラメラと燃え立つような姿を形容したものによります。
グロリオサが日本へ伝わったのは明治末期とされており、花色は赤や黄色、赤紫、赤橙のほか
金色の縁取りがある物もあります。


花材: 『カラー』『グロリオサ』『キウイヅル』『ガマの葉』『マランタ』

image.jpg


Hashiyuka "Hanauta: flower meaning" vol. 8 Gloriosa

Hi everyone.
Finally, our first exhibition in May has finished!

I'd like to thank all the people who came to our exhibition, all the people concerned, our teacher, committee members and exhibitors!!

For the exhibition, I did my best to design the invitation card and PR. I'd like to continue
PR as much as possible for ikebana bijoux.
I want to utilize my experience from the first exhibition to develop the second exhibition in th future.

The flower today are the Calla lily, Gloriosa (Glory lily), Kiwi, Cattaila reed mace and Maranta.

I'll introduce the name origin of the Gloriosa.
The flower name of "Gloriosa" is "gloriosus" in Latin. The name expresses the feeling that
the flower petals of the gloriosa look like something burning.

The gloriosa came to Japan in the late Meiji period.
There are many colors including red, yellow, burgundy, orange red and gold edged with green.


かわいいはしゆか