2013年10月04日

はしゆか花詩 vol.1 ダリア

みなさん、こんにちは。
9月もあっと言う間に終わり、10月ですexclamation
インターネットエキシビジョン前半組みの撮影が終わりました。
私は後半組みに参加で、只今リハーサルに励んでいるところですひらめき

メイン花材は、秋の花の1つ『ダリア』です。

はしゆか花詩 vol.1 ダリア】
ダリアの花ことばの1つ『移り気』
この花ことばが生まれたとされるエピソードがあるので、今日はブログでご紹介します。
ナポレオンの妻ジョセフィーヌは当時、ヨーロッパではまだ珍しかったダリアが好きで、ダリアを咲かせてパーティーを催したり、周りに自慢していたそうです。
珍しいダリアを周囲は欲しがりましたが、彼女は球根を誰にも譲らなかったほどです。
ところが、ダリアの球根が盗まれて他人もダリアを咲かせてしまいました。
その途端、ジョセフィーヌはダリアに対する情熱が冷めてしまったそうです。
『移り気』という花言葉はそんなエピソードからきているのかもしれないです 目

NEC_1135.jpg

Hi Everyone
September seems to have flown by and now it is October already.
The first shoot for the internet exhibition has already finished.
I will be taking part in the later group and I am working hard on
my preparation.

Hashiyuka "Hanauta:flower meanings" vol.1 Dahlia
One of the words often used with regard to Dahlias is the word "fickle".
This word has its origin in one episode and I would like to tell you about it in my blog today.
Napoleans wife Josephine used to like Dahlias which were still rare at that time.
They say she used to grow Dahlias and have Dahlia parties. She often boasted about her Dahlias.
Many people wanted these Dahlias but she would not let anyone have the bulbs.
However some dahlia bulbs were stolen and other people started to grow them.
When she found out about this Josephine completely lost interest in Dahlias.
The word "fickle" seems to come from this episode.

かわいい はしゆか