2014年03月21日

Mini-Breakthrough


Last week, having a hard time with the selection of flower organ, I received a blessed e-mail from the secretariat of flower exhibition.
It was the introduction of flower exhibition observation tour, which has been held at 8F at Ginza Mitsukoshi Department store.
Usually I have few chances to look at flower organ and flower arrangement other than ones arranged by my classmates, so it was hard to make specific image about what I should do or what flower organ I should choose for the exhibition.
However, this opportunity gave me a good chance to inspire my imagination, as a result, I could find mini-breakthrough.

In the wake of having a good image, I started my practice today.
First of all, I was so impressed with a beautiful flower organ which Mori-sensei prepared for me.
It was bright light purple flower organ on the surface and the backside was pure white.

Today’s materials are ヤマブキ(Japanese Rose), ルピナス(Lupinus) and スイートピー(Sweet Pea).
These materials are selected by Mori-sensei for my practice in consideration of real part.

In the beginning, I arranged Lupinus in the center on the back of Japanese rose, however, I was not able to maximize the effect of flower organ.
Following my first try, Mori-sensei kindly gave me advice to arrange Japanese rose at a lower level so as to overlap the yellow of Japanese rose and purple flower organ.
As a result, my arrangement came back into existence.

Even though today’s materials are different from ones in the real part, today’s lesson was so helpful for me to catch the real image and was my second mini-breakthrough in two days.

p.s. After the lesson, I had to go to my workplace to get some work done and I was snapped back to the real world, but the lesson was the good time to refresh myself.

20140321.JPG

『ブレークスルーな一日』

花器選びに苦戦していた先週、一通の恵のメールが届きました。
それは、17日まで銀座三越で開催されている池坊花展の見学案内。
普段、自分と一緒に生けている方達の作品しか見ておらず、
なかなか花器も作品もイメージが湧きにくかったのですが、
早速土曜日に花展に行きプチブレークスルーひらめきとなりました。

その良いイメージを残したまま、本日はいざお稽古。
事前に森先生に花器のご相談をさせて頂いていたのですが、先生にお借りした
ライト・パープルの花器にまず魅了されました。
写真では見えないですが、裏側も本当に綺麗な白色です。

今日の花材は花展本番を意識してヤマブキ、ルピナス、スイートピーの3種。
黄色いヤマブキは本番の黄菖蒲、ライト・パープルのルピナスは本番のフジを意識して先生が選んで下さいました。

当初ルピナスを中心としヤマブキを背景に生けたのですが、
花器良さを活かしきれず、先生にアドバイスを頂き、
ヤマブキを花器のパープルを活かすよう低い位置に持ってくるようアドバイスを頂きました。
すると花器のパープルを背景として黄色のヤマブキの花が映えるではありませんか。
ほうほう、、、2日続けてのブレークスルーひらめき

花材は異なりますが、花器の使い方のイメージが少し分かった1日となりました。

p.s その後、先週たまった仕事の整理で会社へ。一気に現実世界に引き戻されました。
が、脳の異なる箇所を使う生け花は本当に良いリフレッシュとなりました。

かわいいWisteria ^^;


posted by morikadou at 11:05| Comment(0) | Wisteria's Struggling Kado Diary

2014年02月21日

Challenge to Creativity !


位置情報 February 18th, 2014

Today’s theme was a “Free Style” Ikebana.
Free style, what we call “Jiyuka” in Japanese, encompasses both an expression of beauty using plants in their natural state, and
the use of parts of plant materials for the sake of composition to create a new kind of beauty. Free style Ikebana doesn’thave a defined form such as in the shoka or rikka style. An arrangement will be influenced greatly by arranger’ssensitivity,emotion, feelings, knowledge and experience. What’s interesting about this style is that at times even beginners can produce a wonderfull creation.

Today’s materials are かわいいエリカ (Erica), オーニソガラム (Ornithagolum),
アンスリューム (Anthurium) and モンステラ (Monstera).

Out of these 4 materials, Anthurium and Monstera are not seasonal plants, so we need to depict the sense of the season by Erica and Ornithagolum. I decided to put Ornithagolum in the center in the context of Erica, while Anthurium and Monstera are arranged at the water level. By this formation, I tried to express the beauty of the landscape which exists somewhere around us in everyday life.

 2014021820010002.jpg

<創造性への挑戦> 2014年2月18日

本日のテーマは、“自由花”。自由花は自然の状態の植物を使い、美を表現する
新しい様式の生花です。生花、立花と異なり、生ける人の自由な考えで好きな
形に構成することができます。そのため、作品は生ける人の感性、感情、感覚
知識、経験により大いに影響を受けます。この様式の面白いところは、初心者
でもその創造性により素晴らしい作品が出来るという点です。

本日の花材は、かわいいエリカ、オーニソガラム、アンスリューム、モンステラ。

この内アンスリュームとモンステラは特別季節性のある植物ではないため、
エリカとオーニソガラムを使って季節性を表現する必要がありました。
そのため、エリカを背景としてオーニソガラムを中心に生け、アンスリューム
とモンステラを水際に近いところに配置しました。
これにより、日常生活のどこかで見たことのある景観美を表現するよう心がけ
ました。


                      Wisteria


posted by morikadou at 22:28| Comment(0) | Wisteria's Struggling Kado Diary

2013年09月30日

Wisteria's Struggling Kado Diary vol1

Today’s theme was a “Challenge to Shoka Shimputai (new style of shoka)”, which emerged in 1977 along with the change of living environments.
Unlike Shoka Shofutai which has numerous rules, Shoka Shimputai is a rather freer style of Shoka.
However, the importance of “Mizugiwa (Water edge)”, the place where the stems emerge from the water in the vase, remains unchanged.
We need to arrange all of the stems so as for them to rise straight upward in the center as if they were a single stem.
Anyway, 1977 was the year of my birth, so I was so excited to attend a class personally.

The materials used for today’s class were Japanese maple (紅葉), Gentian (Autumn bellflower) (りんどう) and Patrinia (おみなえし).
Based upon teacher’s advice, we selected the material we moved by most as “Shu (main stem)”, then started the arrangement.
As we have learned the way of Shoka Shofutai which has a defined style for a long time, the style of Shoka Shimputai, a freer style, was really difficult for us.
Our mind is good enough to get used to arrange flowers in a pre-determined way and is difficult to arrange something new and something creative.

2013092520310000.jpg

I selected Patrinia as Shu in the beginning because of its pretty yellow color, but was not able to arrange it in a good way.
Then I changed Shu to Japanese maple based upon the advice from a teacher and tried again….
The balance between Japanese maple used as “Shu” and Autumn bellflower used as “Yo” seems to have been very good for me, so I hesitated over more than 10 min whether I should include Patrinia or not, though I finally decided to use it.

IMG_1048.jpg

The main point of my arrangement is the sensory “Yin-and-Yang” balance between Japanese maple and Autumn bellflower.
The size of Japanese maple is relatively large, the one of Autumn bellflower is relatively small, and these stems are connected each other by Patrinia used as “Ashirai”, playing a vital part in the overall content and effectiveness of the arrangement.


2013年9月25日

本日のテーマは、“生花新風体(新しいスタイルの生花)に挑戦”。生花新風体は、人々の生活環境の変化とともに1977年に池坊専永宗匠により発表された新しい生花なのです。多くの約束事がある生花正風体と異なり、生花新風体はより自由なスタイルを採用しています。しかしながら、“水際”の重要性は変わりません。それぞれの枝は、はじめあたかも1本であるかのように水際から上に伸びなければなりません。さて・・・、何はともあれ生新風体の誕生は、私が生まれた1977年に出来たスタイルなのです。ということで、始まる前からテンション高く講義に臨みました。

本日の花材は紅葉、りんどう、おみなえし。3種生です。森先生のアドバイスに従い、最も感動した花材を“主”として選択後、いよいよ開始。これまでしっかりとした約束事がある生花正風体のおけいこが多かったため、生花新風体というより約束事の少ない形態は非常に難しく感じました。なぜなら、事前に決められた約束事に従って生ける形態に慣れきってしまっており、何か新しいもの或いは創造的なものを生けるのに自然と抵抗感が生まれてしまっていたからです。

この度は、黄色の綺麗なおみなえしを“主”として選択、が・・・、うまく生けることができません。そこで、先生のアドバイスをもとに“主”を紅葉に変更。そうすることにより、“主”としての紅葉、“用”としてのりんどうを非常に良いバランスで生けることができました。しかし、ここで1つもんだいが・・・。そう、おみなえしを何処に入れていいのかわからなくなったのです。入れるべきか・・、入れないべきか・・・、10分程度迷ったあと、結局入れることに・・・。

作品のポイントは、紅葉とりんどうの感覚的な陰陽バランスです。紅葉は比較的大きく、りんどうは比較的小さくまとめ、これらの枝が“あしらい”としてのおみなえしにより1つにまとめることができるよう頑張って生けました。

かわいい Wisteria


posted by morikadou at 08:14| Comment(0) | Wisteria's Struggling Kado Diary