2020年04月13日

鼎 に生花をいける

皆様 四月も中旬にはいりました
なかなか トンネルの先の出口が見つかりませんが
いかがおすごしでしょうか

今日は先月 自習しました生花作品を ご紹介いたします

 祈りの花

竹で作られた 池坊の生花に用いる伝統的な花器
  かなえ、と読みます
古代の青銅器の鼎の形を写しているため こう呼ばれ
真の花形で  生花一種いけ 又は二種いけをいけます
今回は行李柳と小菊 基本の王道の組み合わせ


花形 生花正風体 二種いけ
花材 コオリヤナギ、小菊
花器 鼎   花留 又木配り


756D86E3-E840-49D6-9C76-B8CD212E7351.jpeg

この花器は高さ30センチくらい それに合わせて
花材をいける長さに切って 準備します
鼎の中に テーブル右手のYの字の木枝 (又木という) を 
ぴったりと動かないように留め入れます
このあたり どうしていくかは お稽古で...
出来上がったのが こちらです

  F83BAA06-0603-4CDA-B2D3-70C9933AAD9F.jpeg

剣山がまだなかった時代 生花はこのようなやり方で
いけられていました
草木に優しく また 生花における重要な 「水際」が
スッキリと見えるため 簡潔な美しさが強調されます

生花は どんな場所でも 置かれたところから太陽に向かって
伸び上がっていこうとする 草木の根源的な姿を 
人が希望や未来にむかって頑張ろうとする姿 に重ねて
簡潔にすっきりと表現する 
そこに私達は 共感と美を感じるのだと思います
先ずは花配りをいけられるよう 技術を学ばなければなりませんが
形の中に表れる 心が重要です

今出来ることを 精一杯生きている草木
改めて 自らを振りかえり
世界中に 一日でも早く 安寧の日が訪れますように
祈りたいと思います

このブログをご覧の皆様 こころ携えて参りましょう
皆様からも メッセージやお花の写真などございましたら
ぜひ 私にメールください 大歓迎です!

どうぞ 穏やかな一週間をおすごしくださいませ


森由華







posted by morikadou at 10:00| Comment(0) | 平成、令和たおやめぶり

2020年02月22日

体も心も整えられるように

皆様 おはようございます
お元気でいらっしゃいますか 
おかげさまで私も元気にしております
昨日は 池坊の公式ホームページ上で
来月開催の「 春のいけばな展 」が
中止となった旨が発表されました
残念ですが コロナウィルスの影響を鑑みると
納得せざるを得ません
はからずも罹患された皆様には
心よりお見舞いを申し上げます 
一日も早いご快癒を祈念しております

私のいけばな教室では 今のところ変わらず
生徒の皆さんがお稽古に来てくださいます
いろいろと廻りの状況を話したり
なんとなく自分だけではない とホッとしたり
花を無心にいけている間は 穏やかで
今だからこそ このような時間がたいせつと実感
皆には感謝しかありません 有難うございます

一日も早く 普段の春に戻れますよう
出来るだけの予防をして 自身を元気にして
今日もお稽古に向かいます

週末三連休の皆様 どうぞゆっくりとお過ごしくださいね

由華

  B7891A7F-94A3-4CFA-83E9-F5C09D96FE35.jpeg
生花正風体 二種生   花材:赤目柳と小菊  花器:御玄猪
花配りでいけた基本の生花です
心が整えば 体も整っていくような気がします



posted by morikadou at 10:00| Comment(0) | 平成、令和たおやめぶり

2020年02月02日

Wind flowers 風の花たち

皆様おはようございます
今朝の東京は スキッとした冬晴れの日曜日
暖かい服装で 散歩したくなります

もうすぐ立春
このころになると 私はアネモネがいけたくなり。。
昨日 直径3センチほどの 可愛らしいアネモネたちと出会いました
英名は Wind flower 春を呼ぶ風のような花

869183D9-898B-481C-8C6D-ABEB6E066DEC.jpeg

アンスリュームの葉をバックに 
アネモネたちを 楽しそうに動かした 自由花かわいい
今回は 高さ20センチの変形花器に 吸水性スポンジを花留めにして
一本一本をワイヤーで固定させています
制作に興味のある方は レクチャーしますからお声掛けくださいね

春風のロンド ( 輪舞 )

C346DF5F-17C6-4996-9333-593C6EA8B7F7.jpeg

さあ こんな日はお出かけしましょう
冷たい風を吸って 深呼吸 !
猫のように伸びをして !

皆様  どうぞ良い日曜日をお過ごしください


由華



posted by morikadou at 08:00| Comment(0) | 平成、令和たおやめぶり