2019年06月13日

令和 初めての蓮

皆様おはようございます お元気でいらっしゃいますか
私は昨夜京都家元での研修を終え 東京に戻りましたが
風の寒さにびっくり でも今日は良い一日なりそう晴れ
皆 体調にはくれぐれも気をつけてくださいね

京都家元での三日教室 今回も充実満載
全国の先輩皆様の素晴らしい作品に 刺激を受け
大変お世話になりました 有難うございました

いけばなでは水無月に入ると 水物(水辺に生育する草木)が
多くいけられるようになります
昨日は 蓮の開き葉を見かけ 思わず手にとりました

花形 生花新風体
花材 蓮 蒲 百合


D2DAA886-B026-4C45-87AA-F3051ACF0E04.jpeg

小々波(さざなみ)のような紋様の花器に
今にも 雨が降りだしそうな 新風体
百合が水面を見つめています

令和 初めての夏も 皆様にとって 良い夏となりますように



森由華



posted by morikadou at 09:00| Comment(0) | 平成、令和たおやめぶり

2019年06月08日

a queen of the night


a queen of the night

月下美人の花が咲く季節になり
団扇を飾りました

1C0DE9A9-03C3-42C3-B844-211F1495C3A6.jpeg


月読の光に来ませ あしひきの山き隔りて 遠からなくに

( 月の光をたよりにいらっしゃい
山を隔てて遠いというわけではないのですから )

湯原王 万葉集より



浪漫はいつも 私達のそばにあります


森由華


posted by morikadou at 08:01| Comment(0) | 平成、令和たおやめぶり

2019年05月27日

立花新風体「 舞姫 」 池坊展


いけばなの根源 池坊展 出瓶のご報告

「 舞姫 」

立花新風体は、五百年以上の歴史を持つ立花正風体を元に
1999年に池坊専永宗匠が発表されました新しい立花です。
型のような規矩性より草木と作者の出会いから生まれる
感動やこだわりが、作品に強く表されます。
また約二十年の間、常に変化し続けている最も魅力的な花形でもあります。

今回、私は麻布橘会グループとして初出瓶。
個性的な花器を選び、それに合う花材、立調の方法を試行錯誤しました。
そしていけこみで偶然出会えたストレリチアの新種
これしかない、と嬉しくなりました。
この花茎の動きは自然に作られたカーブです。

立花新風体

C86AF44B-52F2-4B8E-BA4F-EC63B2E2B774.jpeg

花があり、いける人があり
それを見てくださる人がいる。
会場でご覧くださいました皆様のおかげにより
ストレリチアは三日間 「 舞姫 」のように
咲き続けてくれました。
有難うございました。

心より御礼を申し上げます。


森由華




posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 平成、令和たおやめぶり