2018年07月17日

終わりがない道

このブログの1500回目の記事ということで、この一種いけをいけながら森先生の教室でなぜ自分は長続きしているのだろう、と考えていました。

型がある生花一種いけの中でも、今回のように1本に複数の花がつく花材では、正解のない答えに辿り着くのに様々な視点や切り口が生まれ易いのでは、と考えています。
今回でいうと、真と真の後ろあしらえの隙間の空間の作り方です。
その空間を最初埋めて生けていたのですが、手直しで先生が後ろあしらえを少し陰方に動かし、空間を創りました。

私は「そこの空間を作ることに以前は否定的ではありませんでしたか?」と問うと
先生は「確かに以前はそうだったけれども最近考えを改めたの」と仰いました。
その瞬間、これなんだな、と思ったのです。

花形 生花正風体
花材 トルコキキョウ


EF268280-87FB-4AAA-AEBD-0C6B8A98D4CB.jpeg

道のつくものは終わりがないと言われます。
つまり、誰であれ華道を続ける限り学び続け変化し続けることであることが前提ではあれど、それをこういう形で誰もが自らの教え子に見せられるものなのかな、と。
それと同時に美という定義が難しいことにおける教え子の意見や感覚の尊重も。
だからこそ自分はここまで続けられたのだと思います。

皆で創っていくこの教室が、このブログが2000回まで続き、その時にまたコメントが書けるよう精進したいと思います。



永田





posted by morikadou at 08:01| Comment(0) | 男もすなるいけばな

2018年07月14日

初めての出会い

森先生、いつも素敵なレッスンありがとうございます。

ブログ1500回達成、おめでとうございます。

いけばなはやればやるほど奥が深く、
難しくもあり楽しさを感じています。

花形 自由花
花材 トウゴマ アスター ダリア ナルコラン
かわいい
3D16EE05-1926-4763-A99D-2FD07052988D.jpeg

初めて見聞きする花材との出会いは、
本当に一期一会ですね。

これからもよろしくお願いしますexclamation

横山
posted by morikadou at 08:00| Comment(0) | 男もすなるいけばな

2018年07月04日

101CARAT1500回達成記念!

桔梗の一種生け。
ゆるゆるとした曲線と可憐な花が大好きな桔梗でございます。

そんな大好きな桔梗で1500回記念の今週の記事に載れるなんて、とても幸せでするんるん

花形 生花正風体
40EE30C4-E23B-4342-81F7-30695E609A5D.jpeg

2000回ぴかぴか(新しい)のときにもっと成長した姿を披露できるよう、これからも精進しますexclamation

森先生、教室の皆さま、これからもよろしくお願い致しますexclamation×2

室井

室井さんが秋田から転部してきてから随分と経ちますが
いつも黙々と真剣な姿が 印象的です
お稽古の花形を増やしながら 池坊の哲学を吸収して
お仕事にも活かせるよう願っています
これからも頑張ってください

由華





posted by morikadou at 13:00| Comment(0) | 男もすなるいけばな