2018年11月08日

初めての木瓜生花

お茶の水教室の室井です。

木瓜を初めて生けました。
水に浸かっているときは、「よく花展で見るな」とか「ゴツい木に可愛らしいお花がついているな」くらいしか思いませんでした。

しかし、いざ作品として生けて先生に手直しいただくと、凛とした佇まいになったことには驚きました。こうも印象が変わるとはexclamation&question

生花正風体 一種生
花材 木瓜 ボケかわいい

DBDCBA4C-EA3B-49A2-A61F-0C05C44C09A3.jpeg

いつか、木瓜の美しさを存分に引き出せるようになりたいですexclamation

室井


posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 男もすなるいけばな

2018年11月07日

秋らしい三種生け

最近自由花のレッスンを集中して受けていたため、久しぶりの生花のレッスンでした。

今回の花材は秋らしさを感じる彩りのもので、
特に独特の渋いフォルムをもつ石化柳が入っていたので
とてもテンションが上がり楽しく生けることができました。
花形はそれぞれ、奥深さや愉しさがあり、レッスンもそれぞれ交互に受けると頭の柔軟体操にも良い気がします。

花形 生花正風体
花材 石化ヤナギ、ヒペリカム、アイリス
かわいい
087CD116-58BF-49EB-BCC1-C06636A536F2.jpeg

実は先月より老人ホームのロビーにいけばな作品を置くボランティアを始めましたNEW

これまでは自己啓発のような形でいけばなに向き合っていましたが、その活動を行いつつ、いけばなを通して何か世の中の役に立つことが出来ないかと思っていたところこのような機会に恵まれチャレンジする事にしましたぴかぴか(新しい)

施設のスタッフの方や入居者の方々作品を見ながら感想を言ってくださったりいけばな経験の思い出話を語ってくださったり、とても良い交流ができておりますexclamation

香奈里かわいい






posted by morikadou at 08:00| Comment(0) | 日記

2018年11月06日

はじまりの秋

皆様、こんにちは
11月は私にとって、いけばな新学年の始まりるんるん
新たな気持ちで迎えたこの日のお稽古は、木草挿交立花正風体です。
<長瓶に立調する> <見どころを引き立てる>
そのための各役枝の量感やバランスなどを、森先生にご指導いただきました。

限られた時間の中で仕事が多い立花のお稽古に課題は尽きませんが、積み重ねることで得られる達成感もまた、立花ならではのものです。

紅葉が煌めく立花は、いつもと違う自分と出会ったようで、とても新鮮な印象でしたぴかぴか(新しい)

EABA312A-C7CF-42C9-AB15-8B944E29BFF8.jpeg

秋はいつも、お稽古を始めた頃の初心に立ち返ります。今週、旧七夕会のために訪れる京都は、私にいけばなを始める大きなきっかけを与えてくれた場所です。その時そこで何のつながりもなかったことが、今月同じ京都で重なる奇縁。
“それまで”“それから”の一つ一つが今につながっているとするならば、“これから”も楽しみに。
森先生、皆様、新グループでもどうぞよろしくお願いいたします。

はななすかわいい
posted by morikadou at 08:00| Comment(0) | 日記