2020年06月17日

リモートレッスン 生花新風体編

皆さま、こんにちは。
こちらのブログで今話題exclamationのリモートいけばなレッスンを体験しました。

まずは森先生からレクチャーを受け、その後自分で作品をいける、お写真を撮り、森先生からアドバイスをいただく流れなのですが…
パタパタと大慌てでした!(笑)

アドバイスをもとに手直しを終え、いざ写真を撮ろうとすると「あれ?何か違う」と思ったり、自分の目ではそれぞれ別々のラインとして見えていた花材が、カメラのレンズ通すと重なって見えたり…とあーでもないこーでもないとあっという間に時間が過ぎていましたあせあせ(飛び散る汗)

普段のお稽古では、森先生の最終チェックを受け完成した状態でお写真を撮っていましたが、途中経過も撮影し、冷静な目が入ることで新たな気付きぴかぴか(新しい)がたくさんありました。

来月からの直接のお稽古も大変楽しみでするんるん

1EAFDBEA-1A9B-4172-AD7A-751D13622549.jpeg

花形 生花新風体
花材 ギガンジウム、オクロレウカ、スプレーバラ

yoppinkかわいい


posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | 日記

2020年06月15日

MORIYUKAstyle-池坊 「 FOREVER together 」

皆様 おはようございます 
月曜日の朝 今週も動き始めますぴかぴか(新しい)
蒸し暑い梅雨の最中ですが 少しでもさらっと気持ちよく
一週間をお過ごしください

さて 先月から始まりました 新カテゴリ
  MORIYUKAstyle-池坊
私が過去の花展やイベントで発表したいけばな作品について、その当時の制作過程や作品に対する思いを知っていただき、皆さんが自身での作品制作をする際のヒントになればと願います。
自分だけで楽しむいけばなとは違い、人に見ていただく発表の場合、喜びの前にたくさんの悩みや不安がついてきます。
楽しく悩みましょう! それがいけばなの醍醐味です。

四回目にご紹介するのは ミレニアム前
1998年 旧七夕会池坊全国華道展 青年部席に出瓶した
幅 4メートル×奥行き 1、8メートル空間の超大作 自由花 


二つの大きな星が出会うような空間 ぴかぴか(新しい)を造形し花で演出
 「 Forever Tgether 」と名付けました
花材 ストレリチア、オンシジューム、セローム、ビンロウヤシ

509E12C3-3608-4ACE-9318-596F52960D81.jpeg

やりたいことに 挑戦してみよう

青年部長として超大作のスペースを任された時、どうしようかと悩みました。でもせっかくだから、やりたいことをやってみよう!と決断。異質素材を使って星の造形を作り、そこに花いけてみたい。そのためにデッサンを描き、家族に協力してもらいながら自宅のリビングルームで制作しました。

発泡スチロールの板や球をカットしたり、接着したり。土台は照明スタンド。そして、分解したものを京都に発送し、会場で組み立て最後にようやく花が登場。一見ステンレスで出来た造形に見え、重いと思われたのか「 女性三人でよくこんな重い造形を作れたね 」と言われました。本当はスチレンボードなので軽かるですが。

この自由花は池坊らしい作品ではなかったと思います。でも、この時はやってみたかった。それしかない。その衝動を形に出来てよかったと思います。その分、廻りを引っ張っていく責任もありますが。。青年部の二人と自分の生徒一人はよくついて来てくれたなと、感謝しています。


その2年後 
2000年の支部花展で 森社中四人で制作した
幅3m 高さ2 m の 超大作自由花

会場は日比谷 国際フォーラム  天井高4m以上の高さから吊って
  「 Hands of god 」と名付けました

花材 アンスリューム、胡蝶蘭、オンシジューム、モンステラ

575634F8-FE83-4E30-AFC3-C6C38AC883DE.jpeg

皆でいける楽しさを知って 世界が広がる

天の雲間から降りて来る太陽の光、これをいつかいけばなで表現してみたいと思っていました。その絶好の機会が高い天井のある国際フォーラムでの超大作自由花でした。

ミラー版をカットしていくつもスピーカホーン状のものを作り、葉巻形のベースに括り付けていきます。花と水を入れたボトルをオーロラフィルムで隠しながら装着! ベースはしっかりそして軽く作らないと、花材が重いため天井から吊る時に不安でした。でも、このベースに時間をかけた事で生け込み時の楽しさは倍増します。

自分の生徒さんと一緒にいける喜び、完成の時の達成感は一人では味わえないものでしたexclamationそれまで、個人作品での表現を追求していた私が、皆でいける大変さと楽しさに目覚めたのです。この辺りから「教えるということは 教えられるということと気付けるようになりました。この気持ちは、皆さんにもぜひ味わっていただきたいと思います。

異質素材や加工素材にはまっていたこの時代があったから。一人でいけるのも良いけれど、皆で作るのも楽しいと気づけ、今があると言えます。生徒の皆さんには、機会あるごとにこの気持ちを伝えていきたいです。

 ( 今回は作品写真の画質が良くないこと、おわびいたします。皆さんの想像力でカバーしていただければ有難いです。)

では、次回に繋げていきましょうexclamation×2
7月1日 立花新風体を予定しています。


森由華




posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | MORIYUKAstyle-池坊

2020年06月13日

『四季の花にふれる1dayいけばなレッスン』のご案内

このたび私達「四季の花にふれる1dayいけばなレッスン」では、7月より月に1度、いけばなの経験がない方にも気軽に参加いただける1回完結型のレッスンを開催することになりましたぴかぴか(新しい)
右向き三角1 第1回目は7月16日(木)19:00〜
右向き三角1 場所はJR御茶ノ水駅から約徒歩5分、池坊東京会館内にあります『いけばなbijoux教室』です。

レッスンではいけばなの基本をお伝えしますが、まずは楽しくお花をいけてみましょうかわいい
おうちにお花を飾りたいけど、いけ方がわからない、お花屋さんでどんなお花を選べば良いの?などの疑問にもお答えします。
もちろん経験者の方のご参加も大歓迎ですexclamation

お申込みはこちらのご予約フォームよりお願いいたします。
https://forms.gle/A79NhqfhDUxE1wVaA

1day告知.png

※ 新型コロナの感染対策として、定員は5名までとさせていただきます。また、講師・参加者ともにマスクの着用と室内換気を徹底させていただきます。37.5度以上の発熱や体調の不良を感じられた場合は、参加をお控えくださいますようよろしくお願い申し上げます。


太田 由佳利
久末 香奈里
長谷川 瞳
.............................

この度は1dayいけばなレッスンのご開講 おめでとうございます祝マーククラッカー
先ずは 三人で新しい旗を立てることができ よかったです

皆様  私の教室で着実にお稽古され 教える側にまわった
太田さん、久末さん、長谷川さんが 三人で考えた新企画exclamation
興味はあってもまだ いけばなをしたことがない方に向けて
一緒に四季の花を 楽しみましょうるんるんというレッスンです 

ご友人やお知り合いで 興味を持たれそうな方がいらしたら
ぜひぜひ ご紹介くださいませるんるん
宜しくお願い申し上げます!

森由華


posted by morikadou at 07:00| Comment(0) | お知らせ